瓶の蓋( 長文・駄文 )

今日のは本気で駄文になり、はたまた、永遠に続きそうな話なので、ここから即

「 続き 」 に収納します !

大した事ではない、ただ文章に残しておきたい、そんな話なので、別段、興味ない系な

人は回れ右でお願いします^^



人と出会った時、私の中に 「 瓶 」 が1本、増える。それぞれに各々、瓶はひとつとして

同じ形の物がなく、私をそれを牛乳屋のように抱えて、生きている。

同じ形がないせいで、蓋を無くすと、代替えがきかず、何かで蓋をしてみようと色々と

試みるのだけど、そんなに簡単ではなくて、たまにひっくり返し、水浸しにしてしまう。

気持ちが、溢れる。


もうすぐだから、昨日、久しぶりに、K太に連絡してみた。向こうにしてみたら、恒例行事。

「 夢であったよ 」 そう言った私に、K太は久しぶりに話すのに一言目

『 会えたらなら、良かったじゃん ♪ 』 と、言った。そうだよ、良かった。

何とも言えない気持ちになるのだ。顔も、声も、本当によく似ている。

そして、彼も、同じような台詞を言っただろう。会えたから、良かった、と。

だからと言って、あの子を見て恋愛感情を抱くかと言われれば、それは絶対にないと

断言出来る事だけれど。瓶の蓋が、極限に、近い形状、とでも言うのだろうか。

とにかく少しだけ、共有できるというのは、荷が、軽くなる。


数日は延々に永遠のような夢を見た。

どこかから、蓋が出てきて、瓶の中に閉じ込められて、蓋をされてしまうような

空気の動かない、感覚。次の台詞も、次の景色も、全て、知っていて。


あの頃、確かに私は、彼という存在を知っていて、それなのに今、何年もたって

気づく事がある。わかり合えるだけわかっていたつもりでも、それは並行を辿り、

交わる事はあっても 「 同じ物 」 には、なれなかった。

そこを求められていたのだろうし、出来る限りの事は、したよ。

追いつかない、速度、デカール。あなたが言う程、私は賢くはない。

歩く速度をあわせてくれていたのは、あなたの方だったのかも知れないのに、と、

今、思う。遠くにね、行っちゃったから。


手元にある100s、かけてあげようと思ったら、これ、中身……過去に落としちゃったらしい。

全部終わって、戻った朝に、あまりの頭の回転率の悪さに、いっつも二人で行く

コンビニに入り、自分の物を買い、ついでに買ってきてといつも言われる物を買い込み

レジで、あれ?今日はひとりなの???と言われ、ハッとして、後で宅急便を山程

出したいんだけどどうしたらいいのかを尋ねたら

何か暗いねぇ…さてはー!!別れるつもりなんじゃ!!!と言われ、世の中は何も変わらず

東京の空も青く、風もなく、目が回って、息が出来なくなってしまった。

この先、自信がありません ! とキッパリ言うつもりが、途中で声が震えてしまい

酷く心配された。喧嘩はよくない、仲直りをした方がいい、あんなに仲がいいのに、

あなたがいない時、彼は、あなたがどれだけ可愛らしい人なのかずーーーっと

こっちの迷惑考えずに(笑)喋るんだから、と言われ、うずくまってしまった。

次の瞬間、声はかすれ。違うんです、もう何もかも、元には戻らない、帰る場所も

存在も、形も……ただ何も伝えられず、うずくまったままだった。

あの時、優しさは、最高の武器になり時に凶器である、と、知った。


夜中の商店街、お月さまとお散歩、手をつないで、よく歌い、いっつもイヤホンは

半分こ、途中から重なる歌声に 「 はもってんじゃん、下手くそー 」 とか w

じゃんけんしながら背中のっかったり、とか。


新しい枕、かおっか、ほつれちゃってるや、とかで、クリップでとめてても

ゴソゴソしてたらボロボロでちゃって、クソ枕!!なんて放り投げた時には、

映画みたいに羽根が舞って、とってもキレイだったけど、咳も出る行為なんだって

事も知った。


一緒にいても、音楽のセンスも本当にピッタリで、俺が聞きたいと思った時に

君がその曲をかける、生きてるって実感する、いてくれると安心する

こんなに人を愛した事ない、そんな俺、キモチ悪い なんて。なんて。なんて、ね。言ったりして。


人の存在とは大きな物で、どこで何をしていても構わないけれど、存在って物が

消滅した瞬間に本当に大きな穴が、ずっと止まった時を吐き出し続け、

こんなにも苦しいものか、と、思うよ。温度がなくなる、その急速な冷えていく感じの

冷たく転がる瓶を、ペーパーウェイトにでも、出来ればいいんだけど。ね。


愛と恋とはきっと違うんだよ。

あの話に続きがあったら、今は形がかわっちゃってる、かもしんない。

変わるとは思えなくても、そうかも、しんない。時間と人の感情なんて、そんなものだよ。

きっとね。こうして、自分で言った事に、自分で落ちをつけるのも、もう、嫌になるから…

結局、もっと言いたかった事もあるんだろうね。今でさえ、まだ私もウダウダ言うからさ。


では、ひとつ、安心材料を。 あれから、恋は、していない。それは本当。

もう別人なんだよ、私。あなたの知ってる私じゃない。あなた用に、置いてきた。

瓶の中、ころんと落ちてるから、早く蓋しないと、ダメだ。溢れる。


蓋、かえして。割ってしまうかも、しれない。早く。




また夏が来たら、逢おう。
[PR]
by guimauve-cafe | 2011-08-21 11:15 | 考え事


岡山県真庭市在住中。日々の徒然・お裁縫・子育てetc… 「つばめ堂」としての製作日記も載せてます。管理人@槐(エンジュ)


by 槐(えんじゅ)

プロフィールを見る

カテゴリ

はじめに
各企業様へ※必読
徒然
生活
携帯から集
「つばめ堂日誌」
街歩き
外遊び
子供達
障害児育児
発達障害のこと
手作り
趣味

映画
音楽
雑貨
知恵の輪
お題帳
物レビュー
考え事
健康/サプリなど
ダイエット/サプリなど
美容/サプリ
コスメ/石けん
コスメ/基礎品
コスメ/その他
コスメ/メイク
★Selmedi-セルメディ-シリーズ
オイル生活
ファッション
ファッション/機能
グルメ/ドリンク
グルメ/ちょいたし
グルメ/フーズ
グルメ/スイーツ
バス・サニタリー
キッズ/グッズ
※ローヤルゼリー
【号外】いぐさ物語

最新の記事

100%勇気。
at 2014-05-06 13:13
いつのまゴールデン
at 2014-05-06 11:22
迫り来る、雛(叫
at 2014-02-23 09:51
やなせさんとグソクムシ
at 2014-02-10 06:43
運の恩恵
at 2014-02-03 04:34

友近プロティンダイエット

Θ外部blogリンク帳Θ

Timelog
つばめのつぶやき
岡山の方どうぞー♪

my FB(お知らせ)

個人アカウント
b0217431_14285276.gif


つばめ堂
b0217431_14285850.gif

++++++++++++++

以下をクリックして見てね!
お友達blogはBlogPeopleに収納!
※ポップアップで表示されます。

お友達LINK集
ご協力THANKS!