7年目のラブレター ~いつもの『大丈夫』~

ドキドキしながら階下へ降りて朝3時の乳搾り体験を終えるw

ベッドでとても寝相の悪いパパと子ども達に追いやられつつ、色々な事を考えていた。

…というか、思い出していた。今回の事で何が悪い蟹が悪い(蟹、それは海の生き物)は

専門家へ委ねるとしてあの日の事を色々と。

第一の問題としては胎盤が先に押し流された事から大惨事に繋がった。

( それが起きた原因は確かにきちんと記憶の中にあるのだが、今は割愛 )

※分娩した病院、搬送された病院は別であり、こちらは分娩時の話。

病院中にいた医師がほぼ一挙に分娩室へ押し寄せる形となり、総指揮をとってくれたのは

女医さんであった。主治医は男性であり、言いたくはないが、こういう時、男は弱い。

女医さんは非常に頑張ってくれた。ほぼ肘までがっぽりと子宮内におさまる形で

私と同じくらい息を荒げて絶叫していた。「 お願いー!!出てきてー!!!!(半狂乱) 」 と。

私は私で

私はいい ! 赤ちゃん助けて ! お願い ! 赤ちゃん、早く !

と半狂乱で、大絶叫。これはヤバイ、半身不随の勢い、と思いつつも、こんな時に無駄に

腹から声出てたし。しかしどこかで 『 覚悟 』 も決めていたので、決まった瞬間からは

頭は冷静。死ぬなら潔く ! そう思っていた。右上にかかった時計の秒針を見ながら

だめだ、赤ちゃんは…肺呼吸するのいつからだ、胎盤で酸素を供k…へその緒 ! へその緒

どれくらい出てるんだ、力抜いちゃダメだ、力抜いたら唯一を絞め殺す…ダメだ、力抜くな

全力でいけ、早く早く早く早く ! 先生掴め!!頼む、掴んだら離すな、一気にいけ


そう思うも血液でぬめってなかなか掴めない、先生半狂乱 『 お願いー!!(涙) 』

あぁ……変な汗出てきた、なんでだ…ぼーっとしてきて痛みも感じねーわ……となってきた頃

頭上にいたパパ、私の手をバッと掴んで懇親の力で握ってきた。

こういう時のパパはいつも私に言う。諦めるな、諦めたら終わりだ ! 

仕事してても日常でも 「 もぉ~やだぁーやりたくない 」 とか言うと、いつもの調子で

『 やかましい ! 口動かしてないで手、動かせ ! 』 と厳しい口調で言う。

そうだ、今諦めたら終わりだ、後少し、後少し、出したら全部終わりに出来る、それまで

やるしかない、一か八か、やるしかない、後は任せた、子ども達のことよろしく!

---------それはもう時間と体力の戦いであった。

赤ちゃんは!!!?赤ちゃん、無事なの?生きてるの??誰か返事してよ!!!

私の問いかけ虚しく、誰一人返事しない中、パパだけが 『 大丈夫 ! 大丈夫 ! 』 と

言い続けた。この大丈夫がどれだけ励ましてくれた事か。

後に彼は 「 俺が言っても何の説得力もねーけど…しゃーねーじゃん、誰一人、お前の

問いかけに、何も言わず、呆然としてて!!(怒) 」 と語っていたがww

その『大丈夫』が多分、私達を生かしたよ。あそこで本当に誰も何も言わず、終わった…と

落胆していたら、もう諦めましょう、と、力抜いてるとこだった。

手、引っ張って、手、力一杯 ! 出して、早く、出てきて、お願い ! 私の呼びかけにパパは

大事な職人の腕をもぐ勢いで付き合ってくれた。(正直、痛すぎたと思うw


そして七年たって惚れ直す。

あなたと結婚してよかったです、私。命拾い、いたしました。

それでバカみたいな話だけど、隣に普通に寝ている事に不整脈が出そうになったのでww

即刻乳搾り体験を口実に階下へ降りてきてしまいました。なんという、ウブww

95からはねても、今、酸素マスクないしw

それはそれは、あなたは、あれです。

恋愛も得意な方ではないし、気の利いた事も言ってくれないし、亭主関白だし、昭和な男だし

仕事ばっかりで嫁の相手もせずに全くどうしようもない男ですが、今回こそは

『 愛しています 』 と言っても、誰も笑ったりしないんじゃないかな。


思い返せば、それは、同情から始まったようなもので……

未亡人な私を可哀相だと思ったのだか、立派にやっとる ! と思ったのだか知らないが

「 私今誰とも付き合う気、ないから 」 「 ほう、それはまた、どうして 」

「 へ? いーじゃん、何ででも。あ、やりたいんでしょ、さてはw やりたいならやりたいと

いいたまへ、やったらその後、他人ねー 」 等とのたまう壊れた私に、絶対やらない、が、

家で飲みなおしはありでしょ、いや、やるって絶対 ! 「 俺はそんな男じゃないです 」

本気でやらずに、次の日、部屋の鍵を押し付けて

「 俺、仕事いくけど、このままいていーから。むしろ…いてよ 」 と出て行かれ、ポツンと

残った私はどーなのこれ、なんなのこれ、もう二度と愛は持たないと決めたのに…と思い、

そこへ

安藤裕子の煙はいつもの席で吐く ← クリックしたら聞けるョ、思い出してきて余計赤ら顔w

がかかってしまい、私、泣いたんだよね、どこかで亡くした人を裏切ってしまうようなそんな

感覚で。その日、横浜の某LIVEHOUSEで仕事あったからそのままこなし、そして

遅くなり、迎えに行くといわれ、迎えに来て頂いた先の打ち上げ現場で

「 俺ら結婚しますから 」 え ! ! ! ! ! 

「 あれ、待って、俺ら付き合ってんだよね(別の人) 」 え ! ! ! ! !そーくる ! ?

「 俺ら結婚しますから(二回目) 」言い切った!なんと!!

それから数日はその鍵の存在をどう受け止めていいのか、上野の改札の手すりの上を

滑らせて見たり、なくしちゃったとか言ったらどんな顔するの??とか考えたり。

ウヒョー私結婚すんのかよー!!呪われちゃうだろ!!愛も溶けない内に!!なんて笑いながら

話しては、思いがけない優しさに泣いたりしたり。THE不安定な女心。


そーして決まった結婚だった。お痛の過ぎた時代であった。お痛が過ぎるというよりも……

失った寂しさと辛さで半ばクレイジーだった私を助けたのも、あなただったんだった。

( という事に書きながら気付き、赤ら顔!!ww )


「 どうして私なの、他にいい子もいそうなのに 」

「 わかりません。ただ、放っておけない 」

「 そーですか 」

「 そーです… 」

「 …………でも、やめとけばー???苦労すんぜー!!?wwwwww 」

「 なんで(怒)いや、俺、本気なんで 」

7年間、どうも、ありがとう。10年も、20年先も、永眠ともに、よろしくお願いします。


今日は大切な人の9年目の誕生日。もう生まれ出てしまったけれど正しい予定日も

何故か、この日。奪うか奪われるかそのどっちかだ、なんて話をしていて、奇しくもこうなり

女の一部を持ち去られ、朝一発目に目覚めた時にあなたの言った言葉は

『 勝ったな 』

だった。あの、勝ったな、は、響いた。本当に。嗚咽が止まらなかった。

多分、前を見てね、振り返るな、そういう事だろうと、思う。

末永くお幸せに、そういう事なんだろう、と思う。

残りの息吹は、あの子に吹き込んで欲しい、そう願います。支えてやって。お願い。

後1年。10年目で、水に。


そして娘は生後13日目、初めて産声を披露したそうだ。

いらっしゃい、そして、おかえり。頑張れ、命 !

鼻水を垂らしながら戻ってきた姿をみて、何があったのか焦ったこと !w


結婚7年目、私はパパにほれ込んでいます。ありがとうあなた、愛してる !

<煙はいつもの席で吐く>


……これは大恋愛に発展しそうな予感 !wwwwwww(今更!!!!

=====
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by guimauve-cafe | 2013-07-15 05:31 | 徒然


岡山県真庭市在住中。日々の徒然・お裁縫・子育てetc… 「つばめ堂」としての製作日記も載せてます。管理人@槐(エンジュ)


by 槐(えんじゅ)

プロフィールを見る

最新の記事

100%勇気。
at 2014-05-06 13:13
いつのまゴールデン
at 2014-05-06 11:22
迫り来る、雛(叫
at 2014-02-23 09:51
やなせさんとグソクムシ
at 2014-02-10 06:43
運の恩恵
at 2014-02-03 04:34

友近プロティンダイエット

Θ外部blogリンク帳Θ

056.gifTimelog056.gif
つばめのつぶやき
岡山の方どうぞー♪

056.gifmy FB056.gif(お知らせ)

個人アカウント
b0217431_14285276.gif


つばめ堂
b0217431_14285850.gif

++++++++++++++

以下をクリックして見てね!
お友達blogはBlogPeopleに収納!
※ポップアップで表示されます。

お友達LINK集
ご協力THANKS!